白身魚入りのフードもある

猫は肉食動物なので、生きるために必要な栄養素を肉から得てきました。肉から必要な栄養素が摂取できるように、体の構造を進化させてきたのです。

例えば、全ての動物にとってブドウ糖は細胞の活動に必須となります。人間は炭水化物を摂取する事でブドウ糖を得ますが、猫は炭水化物をあまり必要としていません。なんと猫は人間とは違い、タンパク質からブドウ糖を得る事ができるのです。つまり猫にとってはとにかく、タンパク質が非常に重要な栄養素になります。肉だろうと魚だろうと、とにかくタンパク質を欲しているのです。

野生のライオンなどからイメージできるように、猫は肉が好きな動物ではあります。しかし白身魚入りのキャットフードを与えてみれば、意外と多くの猫は食べてくれます。白身魚入りのキャットフードは、肉が主成分であるキャットフードよりもカロリーが低くて済みます。そのため、たとえ猫が勢いよくたくさん食べたとしても、肉に比べれば肥満の心配はまだ少ないのです。人間にとっても猫にとっても、魚は高タンパク低カロリーの優秀な食品なのです。また消化の面においても、魚は肉よりも消化しやすい食品になっています。猫が魚と肉、どちらを好むかにもよりますが、白身魚入りキャットフードはメリットが多いのです。