多種多様なキャットフード

人間と猫と犬では、それぞれに必要な栄養素が異なります。だから日々の食事の内容も、それぞれの動物で異なるのです。試しにドッグフードを食べてみてください。犬にとっては美味しいのでしょうが、とても人間の口には合いません。しかし、ドッグフードとは違って、キャットフードは人間が食べても比較的美味しく感じられます塩分こそ控えめですが、人間と猫の味覚の好みは案外似ているのでしょうか。

人間が日々様々な食べ物を口にするように、猫が口にするキャットフードにも非常に多くの種類があります。単に味の違いもありますが、猫の様々な病気の予防を考えたもの、加齢に合わせた栄養配分、など、それぞれのキャットフードがそれぞれの特徴を持っています。

人間は雑食ですが、猫は肉食です。そのため猫が必須とする最大の栄養素はタンパク質になります。野生の猫はタンパク質を肉から得ていますが、自然界でタンパク質を含む食品は肉だけではありませんよね。タンパク質を含む食品の一つに、白身魚があります。白身魚は肉とは違い、高タンパク低カロリーの食品です。そのため飼い主としては、肥満防止用に白身魚入りのキャットフードを飼い猫に与えるのも一つの策です。

また白身魚入りのキャットフードは、肉が主成分であるキャットフードよりも血糖値の上昇が穏やかになります。人間と同様に血糖値が急に上がると猫の健康に良くないので、血糖値を抑える意味でも白身魚入りキャットフードはおすすめです。