良いキャットフード選びを!

白身魚入りに限らず、キャットフードを選ぶ際にはやはり「より良い」キャットフードを選びたいものです。最後にこの見出しでは、より良いキャットフード選びのためのキーワードを3つ、お伝えします。

そのキーワードとは、「グレインフリー」「ヒューマングレード」「無添加」の3つです。まず「グレインフリー」ですが、これは「穀物不使用」を意味します。猫はブドウ糖をタンパク質から摂取するので、穀物、つまり炭水化物はあまり必要ないのです。トウモロコシや小麦といった穀物は猫の胃腸に負担をかけることになりますので、なるべく低炭水化物、理想としては「グレインフリー」のキャットフードを選んであげましょう。

次に、「ヒューマングレード」は「人間が食べても安全な品質」を意味します。キャットフードの中には、とても人間が食べられないような粗悪な食材を使ったキャットフードがあります。「ヒューマングレード」あるいはそれに準ずる表示のキャットフードを買ってあげましょう。

そして、「無添加」です。「無添加」は「添加物を一切使用していない」事を意味します。人間の食べ物とは違い、ペットフードには多量の添加物がしばしば使われています。これは安全基準の厳しさの違いによるもので、人間の食べ物への添加物は厳しく取り締まられていますが、ペットフードに関しては安全基準が緩すぎるのです。「無添加」のキャットフードを選べば、健康を害する恐れのある添加物から猫を守る事ができます。

白身魚入りフードのメリット

白身魚入りキャットフードのメリットとしては、肉と比べて栄養バランスが良い点や肉よりもカロリーが低いこと、そして肉よりもアレルギーのリスクが低いこと、消化しやすいといった点です。

メリットを並べてみると、猫の健康を守るフードとして多くの期待ができるかと思います。一つずつ細かく説明していくと、白身魚は肉よりも栄養バランスが良い食品です。タンパク質以外の栄養素を摂取する事ができるので、猫の健康寿命を考えると安心です。また、白身魚は肉よりもカロリーが低い食品です。タンパク質を大量に必要とする猫ですが、野生の猫と違って飼い猫はあまり運動しません。

野生同様にタンパク質を摂取していては肥満になりがちですから、なるべく高タンパク低カロリーの食品を摂取したいところです。さらに、白身魚は肉よりもアレルギーのリスクが低くなっています。肉アレルギーで肉が食べられない猫であっても、白身魚ならば安心して食べる事ができます。加えて、白身魚は肉よりも消化しやすい食品です。健康寿命を延ばす事を考えると、内臓への負担はなるべく少なくしてあげたいものです。

以上のメリットを持つ白身魚入りキャットフードですが、その種類も様々です。猫の好きな味で、かつ健康により良いフードを選んであげましょう。

白身魚入りのフードもある

猫は肉食動物なので、生きるために必要な栄養素を肉から得てきました。肉から必要な栄養素が摂取できるように、体の構造を進化させてきたのです。

例えば、全ての動物にとってブドウ糖は細胞の活動に必須となります。人間は炭水化物を摂取する事でブドウ糖を得ますが、猫は炭水化物をあまり必要としていません。なんと猫は人間とは違い、タンパク質からブドウ糖を得る事ができるのです。つまり猫にとってはとにかく、タンパク質が非常に重要な栄養素になります。肉だろうと魚だろうと、とにかくタンパク質を欲しているのです。

野生のライオンなどからイメージできるように、猫は肉が好きな動物ではあります。しかし白身魚入りのキャットフードを与えてみれば、意外と多くの猫は食べてくれます。白身魚入りのキャットフードは、肉が主成分であるキャットフードよりもカロリーが低くて済みます。そのため、たとえ猫が勢いよくたくさん食べたとしても、肉に比べれば肥満の心配はまだ少ないのです。人間にとっても猫にとっても、魚は高タンパク低カロリーの優秀な食品なのです。また消化の面においても、魚は肉よりも消化しやすい食品になっています。猫が魚と肉、どちらを好むかにもよりますが、白身魚入りキャットフードはメリットが多いのです。

多種多様なキャットフード

人間と猫と犬では、それぞれに必要な栄養素が異なります。だから日々の食事の内容も、それぞれの動物で異なるのです。試しにドッグフードを食べてみてください。犬にとっては美味しいのでしょうが、とても人間の口には合いません。しかし、ドッグフードとは違って、キャットフードは人間が食べても比較的美味しく感じられます塩分こそ控えめですが、人間と猫の味覚の好みは案外似ているのでしょうか。

人間が日々様々な食べ物を口にするように、猫が口にするキャットフードにも非常に多くの種類があります。単に味の違いもありますが、猫の様々な病気の予防を考えたもの、加齢に合わせた栄養配分、など、それぞれのキャットフードがそれぞれの特徴を持っています。

人間は雑食ですが、猫は肉食です。そのため猫が必須とする最大の栄養素はタンパク質になります。野生の猫はタンパク質を肉から得ていますが、自然界でタンパク質を含む食品は肉だけではありませんよね。タンパク質を含む食品の一つに、白身魚があります。白身魚は肉とは違い、高タンパク低カロリーの食品です。そのため飼い主としては、肥満防止用に白身魚入りのキャットフードを飼い猫に与えるのも一つの策です。

また白身魚入りのキャットフードは、肉が主成分であるキャットフードよりも血糖値の上昇が穏やかになります。人間と同様に血糖値が急に上がると猫の健康に良くないので、血糖値を抑える意味でも白身魚入りキャットフードはおすすめです。